気軽に作れる方法がある

場面を盛り上げよう

自分で音楽を作ろう

その場に合った音楽があれば、場面がさらに盛り上がり、視聴者の興味を惹けます。
音楽を使う際は、著作権に注意してください。
フリー素材以外の音楽を勝手に使うと、著作権を侵害してしまいます。
その場合は、必ず制作者に動画で使っても良いか許可を訪ねましょう。
しかし連絡を取るのが面倒だったり、誰が作っているのかわからなかったりする音楽があります。

トラブルを回避するためには、自分で音楽を作りましょう。
すると確実に、場面に合う音楽を使用できます。
音楽を作れるアプリやソフトもありますし、音楽の知識がない人でもピアノやギターの音を適当に並べるだけで1曲作れます。
音楽が追加されると、クオリティーが大きく変化すると覚えておきましょう。

特に伝えたい部分

動画の中で、強調したい部分があれば字幕を付けてください。
すると言葉を聞き逃した人がいても、動画の内容を理解できます。
字幕を付ける際は文字の大きさや、フォントにこだわってください。
真面目な雰囲気の動画なら、丸くて可愛らしいフォントは避けましょう。
また画面いっぱいに文字を出すと、読みにくくなってしまいます。

そうならないよう文字を小さくしたり、文字にする部分を抜粋したりしてください。
オリジナル曲のPVを作る際は、歌詞を字幕にするのが良い方法です。
曲に合わせて歌詞が流れるようにすると、動画を見ながら聞いている人も飽きません。
センス良く歌詞を動画内に散りばめることで再生回数を増やし、世間で話題になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る